くら寿司バイトの面接【志望動機の例文あり】適切な服装と持ち物5つ

くら寿司バイト:面接①

くら寿司バイトの求人に応募する際、面接に関してどのようなことを聞かれるのか、持ち物や服装は決まりがあるのかなど、疑問や不安を抱く方は多いです。

そこで、くら寿司バイトの面接時に必要な志望動機容や、質問されることなどについて解説します。併せて面接時の持ち物や服装などもチェックしておきましょう。

記事の内容

  • くら寿司バイトの面接について
  • 志望動機の例文3つ
  • 面接時のポイント
  • 質問されやすい内容
  • 持ち物5つ
  • 適切な服装(男性・女性)
  • 総括

執筆:FCジョブズ ライター:KANAZU
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

くら寿司バイトの面接を受ける前に確認しておくべきこと

くら寿司バイト:面接②

くら寿司のバイト面接を受けるにあたり、基本情報を知っておく必要があります。くら寿司は、1977年に大阪の堺市に開店した寿司屋です。2010年以降は、お寿司のほかにコーヒーや牛丼、ラーメン、カレーなどの様々なメニューを開発し、販売を始めました。

さらに、アニメのキャラクターとコラボすることも増え、イベントやキャンペーンを開催するなど何度来店しても飽きさせない仕組みで、ファミリー層をターゲットにしたお店作りに注力していました。

くら寿司のバイトに関しては、福利厚生の充実や高時給、教育マニュアルの徹底などが評価されています。また、調理や接客は全てマニュアル化されており、初めて働く人でもスムーズに仕事を覚えられることが特徴です。

バイトとして働き始めて10代で店長になった方もおり、勤続年数や年齢性別を問わず仕事ぶりを評価してもらえます。さらに、仕事では様々なポジションを経験できたり、仕事にチャレンジさせてもらえたりする社風も魅力です。

くら寿司バイトの面接で話す志望動機

くら寿司バイト面接:志望動機

くら寿司を含め、バイトの求人に関しては志望動機を厳しく確認されることは少ないため、以下のような内容で問題ありません。

志望動機

  • 夢を叶えるために貯金をしたいです
  • 生活費を稼ぎたいです
  • 私は協調性があり明るい性格なので、コミュニケーションをとるのが好きです
  • これまでの接客業の経験を活かして仕事をしたいと考えて志望しました

就職活動とは異なり、くら寿司のバイト面接では志望動機を作り込む必要はありません。お金を貯めたい、夢を叶えるための資金が必要であるなど、熱心な気持ちをアピールすることが大切です。

長文で作られた志望動機をアピールすのではなく、自分の性格や、どのような働き方ができるのか、これまでどのような仕事を経験したのかといった内容、他の従業員との協調性をアピールすると良いでしょう。

くら寿司バイトの志望動機の例文①:接客が好き

人とコミュニケーションを取ったり、何かを一緒にやり遂げたりということが好きです。そのため、ほかのスタッフさんと協力しつつ、接客のアルバイトをしたいと思いました。くら寿司の○○店は何回も家族で来店しており、スタッフさんの明るい挨拶や気配りなどを体験しています。ぜひ、この店舗で働きたいと思い、志望しました

エピソードを交えて話すと、'お店について詳しく知っている'ということが伝わるため、良い印象を与えられます。

くら寿司バイトの志望動機の例文②:通勤しやすい

長期間アルバイトをするためにも、学校や自宅から近いところが良いと思っています。○○店は何回も利用しており身近なお店であり、アルバイトを募集していた時間帯は学校の授業にかぶらないため、積極的にシフトに入れると思い、志望しました。寿司店でのアルバイトは未経験ですが、元気良く挨拶をしたり人と話したりするのが得意です

シフトに関しても触れ、働きたい時間帯に合う・住んでいる所が近いので通いやすい・長期間働けるといった内容を入れることがポイントです。

くら寿司バイトの志望動機の例文③:お寿司が好き

子供のころからお寿司が大好きで、寿司屋でアルバイトをしたいと思っていました。くら寿司はメニューの数が多くスタッフさんも明るくて、楽しく食事ができるので何度も利用しています。○○店なら長期間働けると思い、志望しました

お店に対するイメージや、'お寿司が好き'という基本的なこともしっかりアピールしてください。

くら寿司のバイト面接のポイント

くら寿司のバイト面接は店長と一対一で行われ、コミュニケーションスキルや人柄、接客業であることから言葉遣いやマナーなどもチェックされます。そのため、面接で志望動機や勤務可能な曜日・時間などを質問された際には、緊張せず、笑顔で明るく回答するようにします。

くら寿司をはじめ、飲食業界は人手不足と言われており、くら寿司でもバイトを募集している店舗が多いです。くら寿司で募集している人員は、店長やフロアスタッフ、調理スタッフなど、店舗ごとに違いがあります。募集内容を確認し、将来的に社員を目指すのか、バイトとして一定期間働くのかなど、自分の働き方に適した店舗に応募しましょう。

くら寿司バイトの面接で質問されやすい内容

くら寿司バイト面接:よくある質問

くら寿司のバイト面接ではどのようなことを質問されるのか、質問例と回答例を紹介します。ただし、あくまでも一例のため、紹介する質問以外にも臨機応変に対応できるようにしてください。

なぜくら寿司のバイトに応募したのですか?

くら寿司にどのようなイメージがあるのか、くら寿司でどのように働くことを想像しているのかを話しましょう。自分がくら寿司のバイトに対して、どの程度熱意があるのかをアピールすることが大切です。

例えば、「子供の頃からお寿司が好きで家族と食べに来ていました。思い出深い料理のひとつであるお寿司を、お客さんに楽しんでもらう側になりたいと考えました」などです。

長所を教えてください

くら寿司のバイトで、自分の長所をどのように活かせるのかが重要です。

くら寿司の採用担当者から見れば、雇って仕事を覚えても、すぐに退職されては困ります。そのため、「体力や根性がある」「丁寧に仕事に取り組む姿勢がある」などをアピールします。

採用された場合いつから勤務可能ですか?

くら寿司の採用担当者は、採用してすぐにバイトとして働いてもらうことを想定しているため、すぐに働き始められることを伝えましょう。

「採用通知をもらい次第、すぐに働きたいと考えています」と伝えることがベストです。すぐに働けない理由がある場合には理由を伝えたうえで、「〇日から働ける」など具体的な日にちを伝えます。

週に何日働きたいと考えていますか?

くら寿司を含め、飲食業界はスタッフ不足が問題となっていることから、自分が働ける最大日数を伝えることが大切です。

くら寿司の採用担当者は、可能な限りシフトに入ってくれる人を探しているケースが多いため、働ける日数が週3日以下だと面接を通過できない場合があります。週3日以内の場合も、「土日祝日に働ける」など、戦力になることは伝えましょう。

土日祝日が最も人手が必要な曜日ですが、プライベートの予定があったり、休日は友人や家族と遊びに行きたかったりする人もいるため、人員が不足するケースも少なくありません。そのため、「土日はどちらか出勤可能」と回答すると、印象が良いです。

なお、祝日は「必ず働ける」と約束することが難しいため「ご相談させて下さい」と伝える方法が有効です。

ゴールデンウイークやお盆休みなどの連休は勤務可能ですか?

くら寿司は、ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始は非常に来客数が多く忙しいため、連休中に出勤可能な人員を積極的に採用したいと考えています。そのため、「連休中はできるだけ出勤します」とアピールできたらポイントは高いです。

これまでどのような仕事をしてきましたか?

バイトの経験がある場合、どのような仕事を任されていたのか、どのようなスキルを得られたのかを伝えましょう。バイトをしたことがない場合は、今後くら寿司でバイトをすることによって、どのような経験をしたいのかを話します。

例えば、接客を担当したい場合には、「以前レストランでバイトをしていたため、接客は得意です」「アルバイトの経験はありませんが、人とコミュニケーションを取るのが好きなので、くら寿司に来るお客さんが笑顔で帰れるように仕事をしたいと思います」などです。

接客業の経験はありますか?

接客業においては、言葉遣いや笑顔などが重要です。基本的な接客ができれば、くら寿司独自の業務を教えるだけで良いため、即戦力になると判断されます。

接客業の経験がある場合には、どのようなバイトで接客をしていたのかを伝えたうえで、「クレームに対応するのは大変でしたが、お客さんに理解を求め、最終的には仲良くなれたケースもあったので良い経験になりました」など、プラスアルファで接客業の経験をアピールすると良いです。

調理を担当したことはありますか?

くら寿司の調理担当になっても、包丁や火を使って作業をすることは少ないです。

シャリにネタを乗せたり、軍艦を作ったり、フライドポテトや天ぷらを揚げたりなどシンプルな作業であり、未経験でも働けます。そのため、調理経験がなかったとしても、「調理場でのバイト経験はありませんがお寿司を作ってみたいと考えていたので、是非調理も担当させて欲しいです」と熱意を伝えます。

その他質問される可能性がある内容

くら寿司バイトの面接では、志望動機や上記で紹介した質問のほか、「子供がお茶をこぼしたらどのように対処するべきか」「びっくらポンとは何か」「他のお店を利用したことがあるか、利用した事がある場合、改善してほしいと思ったことがあるか」など、くら寿司の店舗に対する質問をされることがあります。

質問に対し臨機応変に回答できるよう、くら寿司の店舗を利用した際の記憶を参考に準備をしておくようにしてください。

くら寿司のバイト面接の持ち物

くら寿司バイト面接:持ち物

くら寿司バイトの面接を受ける際には、どのような持ち物が必要なのかを紹介します。また、各持ち物が必要な理由についても簡単に確認しておきます。

筆記用具

くら寿司の面接は履歴書不要ですが、くら寿司が用意したシートに必要事項を記入するため、筆記用具が必要です。基本的にボールペンでもOKですが、シャープペンシルと消しゴムも用意しておくと良いです。

スマートフォン

スマートフォンは、面接の時間に遅れそうな場合に必要です。また、くら寿司から連絡が来る可能性もあるため、対応できるよう忘れずに持って行きましょう。さらに、初めて行く店舗の場合、場所が分からないこともあるため、地図を確認するためにもスマートフォンが必要です。

メモ帳

バイトの面接時に伝えられたことを書くために、メモ帳が必要です。店舗によってはメモを取るための紙をもらえる場合がありますが、自分でメモ帳を持っているのと紙をもらうのとでは採用担当者から受ける印象が異なるため、自分で用意しておきましょう。

スケジュール手帳

くら寿司では、バイトの面接を受けた際、当日に採用されることがあります。また、採用が決まった場合にいつから勤務可能かと質問されることも多いため、スケジュールを正しく伝えられるように手帳を持っていくようにします。

くら寿司バイトの採用担当者に良い印象を持ってもらえるように、面接直前に身だしなみをチェックしてください。面接まで時間がないときに、鏡を持っていればすぐに身だしなみを確認できます。

くら寿司バイトの面接の服装は?私服でも良い?

くら寿司バイト面接:服装

くら寿司バイトの面接時の服装は、スーツではなく私服で問題ありません。私服は清潔感があるコーディネートにして、服のシワや埃は取り除いておきましょう。

女性の場合

女性の場合は、優しい色合いやホワイトのシャツやブラウス、紺や黒の膝丈スカートなど、ジャケットやカーディガンを羽織るのも良いでしょう。ただし、露出が多い洋服やTシャツ、ショートパンツやミニスカートは避けてください。

また、夏場でもサンダルやヒールのある靴は履かないようにして、パンプスや地味な色のスニーカーを着用します。

男性の場合

男性の場合も女性と同様で、ジャージやサイズが大きい洋服、首元がよれているTシャツはだらしない印象を与えます。また、デニム生地のズボンはバイトの面接に不向きのため注意が必要です。学生の場合でも、オフィスカジュアルを意識すると、清潔感と誠実さをアピールできます。

総括:くら寿司バイトの面接【シンプルに志望動機を伝えることが大切】

くら寿司バイトの面接のポイントをまとめます。

志望動機では熱意を伝える

バイトの面接では、長文の志望動機を話すよりも、自分の考えや熱意をシンプルに伝える必要があります。「生活費を稼ぎたい」「お小遣いを増やしたい」などの理由で応募する場合でも、正直に伝えてください。

くら寿司のバイトに向いているとアピール

大切なことは、くら寿司でバイトをしたいという熱意と、人とコミュニケーションを取るのが好きであるかどうかです。

持ち物は筆記用具やスマホ

履歴書は不要ですが、専用のシートに必要事項を記載するため、筆記用具が必須です。

清潔感がある服装

男女ともに、清潔感があるシャツやパンツ、ひざ丈スカートなど、オフィスカジュアルコーデを意識することが大切です。

くら寿司のバイトは、フロア接客、キッチンなど募集している職種が店舗ごとに異なるため、求人をチェックして積極的に応募してみてください。

© 2020 Liberty Earth Powered by AFFINGER5