マクドナルドのランチメニューを土日に楽しむ!昼マックの時間は何時から?

マクドナルドと言えばディナーよりもランチのイメージが強い。平日はもちろん、土日になると店内・ドライブスルーと共に混雑するのは、全国共通で見られる光景ではないだろうか。そんなマクドナルドだが、土日でもお得にランチメニューを食べられる方法があるのか気になる人は多いはず。

そこで今回は土日でも食べられるマクドナルドのランチメニューがあるのか調べてみた。

土日に必ずマクドナルドに行くという方、お得にランチメニューを食べられる方法を知りたい方はぜひとも本記事をチェックしていただきたい。

記事の内容

  • マクドナルドのメニューを土日ランチでも食べられる?
  • 土日の昼マックの時間は何時から何時まで?
  • 平日の時間は何時から何時まで?
  • マクドナルドのメニュー:土日と平日の違いは?
  • そもそも昼マックのランチメニューとは?
  • マックランチの時間外でもお得なメニューはたくさんある!
  • 夜のマクドナルドのメニューは?
  • マクドナルドのメニューを土日のランチでお得に食べる方法!
    紙のクーポンを使う
    アプリのクーポンを使う
    マックデリバリーを使う
    500円のセットメニューを注文する
  • 総括:マクドナルドのメニューは土日ランチでもお得に食べられる!

執筆:NAKAGAWA
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

マクドナルドのメニューを土日ランチでも食べられる?

マクドナルドのメニューを土日ランチでも食べられる?

マクドナルドのランチメニューは土日でも存在するのだろうか? 結論から言うと、土日に「ランチメニュー」というものは存在しない。しかし、マクドナルドのメニューは曜日や時間関係なくいつでも食べられる。

ランチメニューが存在しないにも関わらず、あそこまで混雑するのはやはり「手軽さ」「気取らない価格」「子どもが好きなメニューが豊富」な点なのかもしれない。

セットの価格は600円前後、子ども向けのハッピーセットは500円前後でおもちゃが必ずついてくる。パパやママの疲れた体を休めるのにファストフードはとてもありがたい存在なのだろう。学生や若者も休日遊びに出た時の腹ごしらえにもマクドナルドはちょうど良い。

土日の昼マックの時間は何時から何時まで?

土日の昼マックの時間は何時から何時まで?

「昼マック」という観点で言うならば、先述したように土日には存在しない。その代わり、マクドナルドのメニューは土日でも朝から夜まで注文できる。

平日の時間は何時から何時まで?

平日の昼マックの時間については、10時30分から14時までとなっている。厳密には「昼マック」ではなく「バリューランチ」となっている。

ラインナップについては後ほど詳しく紹介するが、人気のメニューがお得な価格で食べられるので、平日にマックに行く機会のある人はぜひともチェックしていただきたい。

マクドナルドのメニュー:土日と平日の違いは?

マクドナルドのメニューは土日と平日で変わるのだろうか?

土日と平日の違いは「平日はランチの時間帯になるとセットが安くなる」のみで、メニューの内容が大幅に変わることはない。ランチにビッグマックが食べられるのに、ランチの時間終了になるとビッグマックがなくなるということはない。

自宅や職場の近所にマクドナルドがあって、いつでも食べられる状況の人は、平日のランチの時間帯に行くことをおすすめする。

マクドナルドのメニュー:土日と平日の違いは?

そもそも昼マックのランチメニューとは?

それでは気になる昼マックのランチメニューをざっとご紹介しよう。分かりやすく「昼マック」と記述しているが、マクドナルドのメニューには「バリューランチ」とあるのでそこだけ注意しよう。

◆600円セット

  • ビッグマックセット 90円お得

◆550円セット

  • ダブルチーズバーガーセット 90円お得
  • てりやきチキンフィレオセット 120円お得
  • てりやきマックバーガーセット 90円お得
  • フィレオフィッシュセット 90円お得

◆400円コンビ(Sドリンク)

  • ビッグマックコンビ
  • チキンフィレオコンビ

セットには通常ポテトMサイズとドリンクのMサイズが付いてくる。サイドメニューはポテト以外にもチキンマックナゲットやサイドサラダ、えだまめコーン、ヨーグルトにも変更できる。さらに+50円でポテトLにすることもできるし、-50円でポテトをSサイズにもできる。

ドリンクも+20円でLサイズに変更でき、+40円でカフェラテやマックフロートなので特別ドリンクにもグレードアップが可能である。腹を満たすには十分すぎるボリュームと言えるだろう。

しかし、中にはランチにお腹いっぱい食べてしまうと午後の仕事が眠くなってしんどい……そんな人も珍しくはない。そのような場合はコンビのセットをおすすめする。

ポテトは付かずドリンクもSサイズだが、ビッグマックかチキンフィレオのボリュームたっぷりのサンドイッチから選べるのが魅力である。もちろんドリンクも物足りない場合は+50円でサイズアップ、+50円~+90円でグレードアップも可能である。

マックランチの時間外でもお得なメニューはたくさんある!

マックランチの時間を過ぎてしまったらどうなるのだろうか?

600円のビッグマックセットは690円になるし、ダブルチーズバーガー・てりやきマックバーガー・フィレオフィッシュのセットは640円になる。てりやきチキンフィレオのセットも670円となるので、お得感はやはり薄れてしまう。

しかし、マックランチの時間外でも500円のセットはあるので、お得さを重視する方はこちらを注文してみよう。

マックランチの時間外でもお得なメニューはたくさんある!

  • スパチキ(スパイシーチキンバーガー)セット
  • エグチ(エッグチーズバーガー)セット
  • チキチー(チキンチーズバーガー)セット

何やらユニークな名前ばかりだが、単にマクドナルド側の遊び心である。「スパチキのセット!」と言うのに抵抗がある場合は正式名称の「スパイシーチキンバーガーのセット」と注文しても通じるので安心して注文しよう。

夜のマクドナルドのメニューは?

夜のマクドナルドのメニューは?

マクドナルドはランチのイメージが強いが、マクドナルドは夜の遅い時間でもあっても食べたくなるもの。

夜に行くと「倍近い価格なのでは?」「メニューが少ないのでは?」と心配になるかもしれないがご安心を。最近では夜にマクドナルドを利用する人も増えているため、ランチメニュー同様に、夜になるとお得に食べられる「夜マック」も存在する。

夜マックは17時からの限定メニュー。平日や土日などの曜日は関係ない。17時から閉店までとしているが、24時間店舗の場合は朝マックが始まる翌4時59分までオーダー可能となっている。

  • 倍スパビー(倍スパイシービーフバーガー)セット 600円
  • 倍ビッグマックセット 790円
  • 倍ダブルチーズバーガーセット 740円
  • 倍てりやきマックバーガーセット 740円
  • 倍フィレオフィッシュセット 740円
  • 倍チキンフィレオセット 760円
  • 倍てりやきチキンフィレオセット 770円
  • 倍ベーコンレタスバーガーセット 760円
  • 倍えびフィレオセット 790円
  • 倍スパチキ(倍スパイシーチキンバーガー)セット 600円
  • 倍エグチ(倍エッグチーズバーガー)セット 600円
  • 倍チキチー(倍チキンチーズバーガー)セット 600円
  • ポテナゲ(大) 500円
  • ポテナゲ(特大) 800円

すべてのセットメニューに「倍」と名前が付いていることにお気付きだろうか。

この「倍」というのはパティが通常の1枚ではなく、2倍の2枚になって提供される。夜ご飯をしっかり食べて体を休めたい人への気遣いなのだろう。たっぷり食べて明日への活力に繋げたい人にはメリットを感じられるメニューとなっている。

もちろん倍は多いので1枚で良い、という人にも通常メニューが展開されているので、そちらもチェックしてみよう。

マクドナルドのメニューを土日のランチでお得に食べる方法!

ここまで読んでお分かりの通り、マクドナルドのメニューを土日に「バリューランチ」として食べるのは不可である。「残念!」と思うかもしれないが、土日のランチの時間帯でもお得に食べられる方法はたくさんある。

ここではマクドナルドのメニューを土日ランチでお得に食べる方法を解説しよう。

紙のクーポンを使う

まずは紙のクーポンを使う方法である。紙のクーポンは新聞チラシに定期的に配布される。もしくは店頭でも時折配っているのでチェックしてみよう。

紙のクーポンのメリットはセット以外でもポテトなどのサイドメニューのクーポンが入手できる点にある。マクドナルドのメニューを土日ランチでもお得に食べたい方にはおすすめの方法となっている。

ただし、紙のクーポンは一度使うと店員に回収されてしまい、再び使うことはできない点だけ注意しよう。

アプリのクーポンを使う

アプリのクーポンを使うことで、マクドナルドのメニューを土日ランチでもお得に食べられる。使い方はマクドナルドのアプリを携帯にインストールするだけ。誰でも無料で利用できる。

メリットは携帯1台あれば誰でも使える点、セットメニューがお得に購入できる点と言えるだろう。

ただし、こちらも紙のクーポン同様に回数制限があるクーポンは利用後削除されるので気を付けよう。

アプリのクーポンを使う

マックデリバリーを使う

マックデリバリーを使うのも1つの手段である。とはいえ、マックデリバリーは利用料金が1500円以上という条件があるし、配送料も別途300円掛かる。しかも、通常のメニューより1割から2割程度価格がアップするので「お得度」で言えば、あまりメリットを感じられないかもしれない。

ただし、自宅まで届けてくれる点を考えれば、小さな子どもがいる家庭や、自宅や職場からマクドナルドが遠い人にとっては十分メリットと言えるだろう。

「マックデリバリーセット」というデリバリー限定のセットもあるので、ぜひチェックしていただきたい。

>>マックデリバリー専用ページ

500円のセットメニューを注文する

マクドナルドのメニューを土日ランチでもお得に食べる方法の4つ目は、もっとも安いセットメニューを注文する方法である。

ビッグマックをはじめ、ダブルチーズバーガーやてりやきマックバーガーなどマクドナルドの人気メニューはランチの時間外はやや高い金額設定となっているのも事実である。

あまりメニューに大きく表示されていないが、ランチの時間に関係なく「500円セット」があるので、そちらを利用するのもおすすめだ。「スパチキ」「エグチ」「チキチー」に至ってはいつの曜日や時間帯もセットは500円となる。

ビッグマックに比べると食べ応えでは物足りなさを感じるかもしれないが、サイドやドリンクも付いての価格の為、これでお得さを感じないはずがないだろう。バリューランチよりも安いので、コスパ重視の方や食費を少しでも抑えたい方にはおすすめのメニューである。

総括:マクドナルドのメニューは土日ランチでもお得に食べられる!

記事のポイントをまとめよう

マクドナルドのメニューには土日限定のランチメニューは存在しない

マクドナルドのランチをお得に食べようと思ったら「平日のバリューランチ」がおすすめ

  • ビッグマックセット
  • ダブルチーズバーガーセット
  • てりやきチキンフィレオセット
  • てりやきマックバーガーセット
  • フィレオフィッシュセット
  • ビッグマックコンビ
  • チキンフィレオコンビ

平日・土日共に17時以降お得になる「夜マック」も存在する

  • パティが倍になるので食べ応えは十分
  • パティが1枚の通常メニューも注文できる

マクドナルドのメニューを土日にお得に食べる方法はたくさんある!

  • 紙のクーポンを使う
  • アプリのクーポンを使う
  • マックデリバリーを利用する
  • 500円のセットメニューを注文する

 

© 2021 Liberty Earth Inc