マックナゲット15ピースのカロリーは【810】ダイエット中OK!

マックナゲット カロリー 15ピース

マクドナルドのサイドメニューで人気の【マックナゲット】。セットメニューのお供には「マックポテト」か「マックナゲット」のどちらかを選ぶという人が大半ではないだろうか。また小腹が空いたときに空腹を満たすためにマックナゲットを食べる人もいるだろう。

マクドナルドで1980年から販売が開始され、以来人気を博しているマックナゲット。外はカリっと中はジューシーなチキンからジュワッと溢れだす旨味。そのため「気づけば一人でペロッと15ピースものマックナゲットを完食していた」という人もいる。

ただ、その後で押し寄せてくるのが、食べ過ぎたという【罪悪感】だろう。
今回はそんなマックナゲットのカロリーが気になる人は必見。ダイエット中でもマックナゲットを美味しく食べるポイントを解説しよう。

記事の内容

  • マックナゲット15ピースのカロリーは810kcal
    1個・54kcal
  • マックナゲット15ピース
    =定期的な割引キャンペーンがある!
  • 好みのソースを4種類選べる
  • マックナゲットのソースの種類
    マスタードソース
    バーベキューソース
    ルイジアナホットソース
    たまり醤油ソース
  • マックナゲット15ピースのカロリーでも【ダイエット中OK】
    ①たんぱく質が豊富
    ②糖質が少ない
    ③美容に良いナイアシンが豊富
  • ダイエット中ならチートデイに食べよう
    チートデイに好きなものを食べるメリット
  • マックナゲット15ピースを一人で食べる=カロリー高すぎ?
    一人で食べてもカロリーはカツ丼以下!
    ドリンクは低カロリーのものを選ぼう
    一人で食べても問題なし
  • 総括

執筆:HITOMI
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

マックナゲット15ピースのカロリーは810kcal【1個・54kcal】

マックナゲット

マクドナルドでは、5ピース(200円)と15ピース(580円)の2種類のマックナゲットが販売されている。

マックナゲット15ピースのカロリーは810kcalであり、5ピースでは3分の1のカロリーのため、270kcalである。マックナゲット1個あたりでみると、約20g・54kcalとマクドナルド公式サイトには記載されている。

カロリーが高いと思うか低いと思うかは個人の考えがあるが、やはりマックナゲットは揚げ物であるため低カロリーでヘルシーとは言い難い。

マックナゲット15ピースは定期的な割引キャンペーンがある!

15ピースのマックナゲットは定期的にお得な割引がある。そして、今まさに、7/14(水)~8/31(火)の期間、15ピースのマックナゲットは30%OFFとなり390円で食べられるのだ。実に170円もお得に手に入れられるので、マックナゲット好きには何とも嬉しいイベントである。

15ピースのマックナゲットは通常よりも少し大きめのボックスに入っている。ボックスを開けた瞬間、目に入ってくる大量のマックナゲットは私たちのテンションを上げてくれること間違いなしだ。

好みのソースを4種類選べる

マックナゲットにつけるソースは、5ピース購入時には最大2個まで選べることをご存知だろうか。店員から「ソースは何にするか」と尋ねられ、1種類しか頼めないと思っている人が多いが、実は2つまで選ぶことができるのだ。

また15ピースのマックナゲットの場合は、最大4個のソースを選ぶことができる。これも3種類までしか頼めないと思っている人が意外に多い。

それ以上の個数を追加したい場合は、別途料金(1個30円)を払えば追加が可能である。

マックナゲットのソースの種類

いつでももらえるマックナゲットのソースの種類は、マスタードソースとバーベキューソースの2種類である。

しかしマックナゲットのソースは、期間限定で色んな種類が登場している。

2021年7月14日~8月31日までの期間は【ルイジアナホットソース】と【たまり醤油ソース】が登場。これらは過去に登場した復刻版ソースである。この2つのソースは5ピースのマックナゲットを注文しても選ぶことができる。

ルイジアナホットソース

  • 1984年、マックナゲット発売当時にレギュラーソースの1つとして登場
  • パプリカやチリペッパー、ガーリックなどを使ったスパイシーなソース
  • トマトペーストの酸味と旨味が味わえ、食欲が刺激されるソース

たまり醤油ソース

  • 1985年に期間限定で登場したソース
  • 濃口醤油とたまり醤油の2つの良さをとった、香ばしく風味豊かな味わいのソース
  • 玉ねぎの甘みやブラックペッパーの刺激が味の決め手となったソース

マックナゲット15ピースのカロリーでも【ダイエット中OK】

世の中にマクドナルド、マックナゲットを愛する人は多い。しかしダイエット中の人からしてみれば、ファーストフードの食べ物に対して抵抗がある人も多いだろう。

農林水産省の公式サイトによれば、一般的に身体活動量が少なめの女性の場合、1日の摂取カロリーの目安は約1,400~2,000kcalとされている。身体活動量が普通以上の女性の場合では2,200~2,500kcalほどである。そのため、身体活動量が少なめの女性が15ピースのマックナゲットを一人で食べると、一日の摂取カロリーの約半分を摂取してしまうことになるため避ける方がいいだろう。

それではなぜ、ダイエット中でもマックナゲットを食べてもいいのだろうか。その理由を1つずつ解説していこう。

①たんぱく質が豊富

マックナゲットには鶏肉が使用されている。鶏肉は低カロリーであるにもかかわらず、たんぱく質が豊富に含まれている。ダイエットをする上で、たんぱく質というのは必要不可欠な栄養素である。

たんぱく質は筋肉をつくるために必要であり、人間は体の筋肉量が増えると基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなるのだ。食べる量を減らすだけのダイエットでは、脂肪は落ちても筋肉量が増えないため【健康的に痩せる】とはかけ離れてしまう。

適度なたんぱく質を摂って、健康的にダイエットをしよう。

参考:HAPIET 高たんぱく質で痩せる理由

②糖質が少ない

ダイエット中であれば糖質の摂取量を抑えたいと思う人も多いだろう。炭水化物と呼ばれる米や小麦にはこの糖質が大量に含まれている。「糖質制限ダイエット」と呼ばれるものは、この炭水化物の摂取を減らして行うものである。

マックナゲットのチキンは、糖質が少ない。ダイエット中でもマクドナルドが食べたいときには、おすすめの食べ物である。

  • マックナゲット(100gあたり) たんぱく質15.8g  糖質13.1g
  • マックポテト(100gあたり) たんぱく質3.9g 糖質37.8g
  • ビッグマック(100gあたり) たんぱく質12.0g 糖質19.3g

参考:マクドナルド公式サイト 栄養成分一覧表

③美容に良いナイアシンが豊富

ナイアシンとはビタミンの1種であり、食事で摂取した糖質や脂質の分解に大きく関わっている栄養素である。そのため、ダイエットの効率にも関わりがあり、さらに肌の状態を整えるなどの美容効果も確認されている。

このナイアシンが他のメニューに比べて豊富に含まれているのがマックナゲットである。

ただ、たんぱく質やナイアシンが豊富だからと食べ過ぎてしまうとダイエットには良くないことは確かである。油で揚げているマックナゲットには、どうしても脂質が多く含まれている。過剰に摂取することはおすすめできないので、食べ過ぎてしまう人は注意が必要だ。

ダイエット中ならチートデイに食べよう

みなさんは【チートデイ】という言葉をご存知だろうか。

チートデイとは、英語の「cheat=騙す」が語源で、好きなものを何でも食べていい日のことです。

引用:ベストレ 「チートデイ」の正しいやり方

ダイエット中にやってくる「停滞期」の期間中にチートデイを取り入れると良いと言われており、体重の減少が見られない時期のストレス解消にも役立つ。

ダイエットで食事制限をしていると脳は飢餓状態になっている。チートデイで一時的に十分な栄養を取り入れることで、飢餓状態ではなく十分な栄養が蓄えられたと脳が錯覚し、脂肪燃焼に繋がるのだ。

チートデイに好きなものを食べるメリット

  1. 代謝を上げて脂肪燃焼しやすい体になる
  2. ダイエット中のストレス発散・解消につながる
  3. カロリー不足が解消されて筋トレの効果がでやすくなる

好きなものを食べることで、私たちの脳内には幸せを感じる脳内物質がたくさんでる。この幸福物質により、前向きな気持ちになれるのだ。

チートデイにマックナゲットを食べ、より活動的に体を思いっきり動かせばいいのである。普段はしっかりと食事制限をして、マックナゲットを食べた後は体をたくさん動かそう。その覚悟があれば、食べても大丈夫である。

ただできることなら、15ピースを一人で食べるよりは、ほかの人とシェアしながら楽しい食事にする方がいいだろう。

マックナゲット15ピースを一人で食べる=カロリー高すぎ?

ではダイエット中ではない人が、15ピースのマックナゲットを一人で完食するのは食べ過ぎなのか気になるところである。通常食べ進める際にやってくる「飽き」に関しては、バリエーション豊かなナゲットソースを複数種類楽しめるので、飽きることなくペロッと完食する人も多い。

一人で食べてもカロリーはカツ丼以下!

マックナゲット15ピースのカロリーは、先ほど述べたように810kcalである。では、ほかの食べ物と比べてみよう。

  • カツ丼 1,020kcal
  • とんかつ定食 910kcal
  • カルボナーラ 895kcal
  • オムライス 843kcal

参考:食品別カロリー早見表

この様に、普段私たちが何気なく食べているメニューには高カロリーのものが多く存在する。そのためマックナゲットを一人で食べたからといって、残りの2食を抜かなければならないということはない。

しかしマックナゲットを食べて、さらにハンバーガーやセットメニューも食べるというのであれば、話は変わってくるだろう。その場合は残りの2食のカロリーや栄養バランスを考慮して、献立を決めると良いだろう。

ドリンクは低カロリーのものを選ぼう

マクドナルドには色んなドリンクが揃っている。食べ過ぎやカロリーのことが気になるのであれば、ドリンクメニューは低カロリーのものを選ぶと良いだろう。

「コカ・コーラ」を選ぶときも「コカ・コーラ ゼロ」にするだけでカロリー・糖質共に大幅にカットできる。そのほかにも、爽健美茶や黒烏龍茶・アイスティーなども用意されている。

それだけでも大きく違ってくるので、ドリンク選びの際には気をつけたいポイントだ。

コカ・コーラ(M) 140kcal 糖質35.1g

コカ・コーラゼロ (M) 0kcal  糖質0g

アイスティー (M)2kcal 糖質0g

爽健美茶 (M)0kcal 糖質0g

一人で食べても問題なし

結論から言うと、マックナゲット15ピースを一人で食べても何も問題はない。男性では一人で完食する人は実に多い。女性でも空腹時には一人で食べる!と宣言している人もいる。

悪いことをしているわけではないので、必要以上に罪悪感を持つ必要はないのだ。

しかし、マクドナルドの店頭にあるマックナゲット15ピースの広告に「みんなでシェアしよう」と書かれているとおり、一人で食べきるよりもみんなでシェアしながら食べる方が、楽しい食事になることは間違いないだろう。

食べ過ぎ予防のためにも、みんなで楽しい食事時間を過ごしてみよう。

総括:マックナゲット15ピースのカロリーについて

今回の記事のポイントをまとめよう。

マックナゲット15ピース、5ピースのカロリー

マックナゲット15ピースはお得な割引イベントがある

マックナゲットに新しい限定ソースが登場

  • ルイジアナホットソース
  • たまり醤油ソース

ダイエット中でもマックナゲットを食べてもいい理由

  • 低糖質でダイエットに必要なたんぱく質が豊富
  • 美容に良いナイアシンも豊富

ダイエット中、チートデイにマックナゲットを食べるメリット

  • 代謝を良くして脂肪燃焼。ストレス発散。筋トレの効率化。

マックナゲット15ピースを一人で食べるときの注意点

  • ドリンクは低カロリーのものを選ぶ
  • できればみんなと楽しくシェアをしよう

マクドナルドのマックナゲットをたまに無性に食べたくなるときがやってくる。そんなときは、無理に我慢することなく美味しくマックナゲットを食べよう。

美味しく食べて、しっかり体を動かしカロリーを消費しよう。

 

© 2021 Liberty Earth Inc