バイト面接が緊張して怖い?受かるための【極意】を授けます

バイト面接:緊張・怖い④

バイトの面接が緊張して怖い」という人は意外と多いです。

たとえ、何度かバイト面接を経験済みであっても、応募の電話をかけたり面接を受けたりするのは、緊張して怖いと感じるものです。はじめての面接ならば尚更でしょう。

しかし、怖いと感じて緊張し過ぎると上手に話せず面接に失敗してしまうかもしれません。そこで、バイト面接を受ける際の緊張を和らげる方法や、予め準備しておくべきことについて解説します。

記事の内容

  • バイト面接は緊張して怖いもの
  • 緊張しない・怖いと感じないコツ
  • 面接時の質問7つ
  • 受かるために重要なこと
  • 応募前の事前準備
  • 電話応募の会話例
  • 総括

執筆:FCジョブズ ライター:Frenchbull
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

バイトの面接は緊張するもの!怖いと感じるのは当然

バイト面接:緊張・怖い①

バイトの面接は、初めて会う店舗の責任者と会話をする場所であり、不安で緊張したり怖いと感じたりするのは当たり前のことです。店舗の責任者も、バイトに応募してきた人が緊張していることは分かっています。そのため、言葉を噛んだり詰まったり、間違った敬語を使ったりすることよりも、「質問に対して的確に回答できるかどうか」をチェックしているのです。

言葉を噛んだり詰まったりするのは、緊張して怖いと感じることが原因です。面接の前に、「どのような質問をされるのか」「質問に対してどのように回答するのか」について予め準備しておけば、緊張感や怖いという気持ちが和らぎます。

バイト面接で緊張・怖いと感じないコツ

バイトの面接当日、面接場所へ向かう際に「怖い」「緊張する」と感じる人もいるでしょう。そこで、バイトの面接で緊張する原因と、緊張したり怖いと感じたりしないための対策方法を解説します。

質問内容を想定して回答を用意

バイトの面接で緊張したり怖いと感じたりすることによって、上手に話せないのではという不安を抱く人も多いでしょう。そのため、バイトの面接でどのような質問をされるのかを考え、あらかじめ回答を用意しておく方法が有効です。

正しい敬語を使えるかどうかが不安な場合には、話し言葉でメモをしておき、声に出して会話をする練習をしましょう。オンライン面接を受ける場合には、メモを見ながら話せるように準備をしておくことも大切です。

また、バイトの面接で聞かれる内容は基本的に次の7つです。

面接でよく聞かれる質問7つ

  • 志望動機
  • これまでどのようなアルバイトをしてきたのか
  • 働ける時間帯
  • 週に何回入れるか
  • シフトの希望
  • 電車通勤 or 徒歩通勤
  • いつから勤務可能か

このように、質問される内容さえわかっていれば緊張感は和らぐはずです。

面接を受ける場所の確認

店舗の責任者と会話をする面接当日になると、マナーや持ち物など様々な不安要素が生まれ、緊張したり怖いと感じたりすることが多いです。そのため、面接以外に不安な要素を作らないことが重要です。

特に、面接を受ける場所に関しては、直前に確認すると緊張したり遅刻をしたりするリスクがあるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

気持ちが落ち着いた状態で面接を受ける

雇用形態がバイトだとしても、企業側は社会人の1人として人材を採用します。「社員ではなくバイトだから」という理由で気を緩めて遅刻をすれば、当然店舗の責任者からは悪い印象を持たれます。

また、遅刻をしなかったとしても指定の時間の直前にお店に到着し、焦っている状態で面接を受けると的確に答えられない可能性があります。慌てて到着して呼吸が荒い状態では、仕事ぶりを見る前に「落ち着いて行動できないのでは」と悪い印象を与えてしまいます。

面接のシミュレーション

バイトの面接で緊張したり怖く感じたりする場合には、面接に慣れることが大切です。

友人や家族に模擬面接をしてもらい、面接に慣れておくと良いでしょう。最初は友人や家族が相手でも緊張したり怖く感じたりするものですが、模擬試験で何度もシミュレーションすることで緊張は和らいでいきます。

面接官への苦手意識をなくす

面接官である店舗責任者に対し、怖いという印象を抱く人が多いです。「自分の話すことを否定するような眼差しをしている」「冷たい印象を受ける」など、店舗責任者に対して苦手意識を持っている人もいるでしょう。

しかし店舗の責任者も家族や友人がいて、プライベートでは笑顔で明るく楽しく過ごしている人間です。バイトとして働くスタッフにも様々なタイプが存在するように、店舗の責任者にも様々なタイプの人間が存在します。

面接の際に冷たい印象を受け、怖いと感じたりする場合には、面接官のプライベートな姿を想像してみると良いでしょう。

バイトの面接に受かるために重要なこと

バイト面接:緊張・怖い②

面接で緊張し、怖いと感じると上手に話せないことがあります。しかし、緊張するという以外にも注意したいポイントがあるため、面接に受かるために重要なことや注意点も確認しておきましょう。

連絡先はメモ帳や手帳に記載する

面接当日に電車やバスが遅れる可能性があるため、トラブルが起こった際に店舗責任者に連絡できるよう、連絡先をメモしておくことが大切です。他にも、面接本番以外で失敗するリスクとして下記があげられます。

  • 前日に緊張して眠れず寝坊する
  • 電車の乗り継ぎを間違える
  • 電車やバスの遅延によって遅刻する
  • 店舗の場所がわからずに遅刻する

このようなことも起こり得るため、面接場所へのルート確認もしておくべきです。

面接を受ける場所が近所の場合、「適当に電車に乗れば間に合う」と考え、電車に乗った後でスマートフォンで地図を確認する人もいるでしょう。しかし、どのようなトラブルが起こるかは想像できません。

電車が止まったり、電波が届かずスマートフォンが使えなくなり地図を確認できなかったり、道に迷うこともあるでしょう。そのため、面接を受ける店舗までのルート確認は必ず前日に行うようにしてください。

清潔感がある服装や髪型を意識する

バイトの面接を受けるとき、髪型や服装に清潔感が出るようコーディネートすることも大切です。服装は明るい色のトップスやパンツ、膝丈スカートにして、派手な色やカジュアルなTシャツ、デニム生地などは避けましょう。襟がついているシャツなどが望ましいです。

また、靴に関しても綺麗に磨きつつ、面接会場に行くまでの間に靴が汚れていないかチェックします。靴が汚れている場合は、ハンカチやティッシュで拭き取っておくことが大切です。

また、女性で髪が長い場合は束ねておくと印象が良いです。前髪が長いなら、きちんと表情が見えるようピンで留めておきましょう。髪が傷んでいる場合は、ワックスやオイルで整えることも大切です。髪が傷んで広がっていたり、ボサボサしていたりするとダラしない印象を与えてしまうからです。

指定時間の5分前に到着する

面接を受ける店舗までのルート確認を行ったら、可能な限り早く着けるようスケジュール調整をしましょう。30分~1時間ほど前には店舗近くに到着し、実際に場所を確認したうえで「面接時間までカフェで待つ」という方法もおすすめです。確実に場所を把握したうえで、一息つけば不安感は軽減されるからです。

また、気持ちが落ち着けば学歴や志望動機など、面接でアピールしたいことを再整理できます。そうすることで、面接時に緊張したり怖いと感じたりすることなく的確に回答できるようになるはずです。

早すぎる訪問はNG

最寄り駅に早く到着したからといって、そのまま店舗に向かうのは避けてください。面接の担当者が焦ってしまう上に、「定時に来ない」という悪印象を与えてしまうからです。「約束の時間を守らない」ことは非常に印象が悪いため、5~10分前までに到着するのが理想的です。

なお、最寄り駅に早めに到着して食事をとりたいという場合には、食事の後に歯磨きをする、もしくは口臭対策のスプレーや糸ようじで口元のケアをするようにしてください。食べ物の匂いがしたり歯に汚れがついていたりすると、悪い印象を与えます。

質問には明るくはっきりと回答

面接の際、店舗責任者から質問をされた場合は、明るくはっきりと回答することが大切です。また、質問に対して明確な答えが浮かばないときには「分かりません」と誠実に答えるようにします。曖昧な返答をすると、実際に働く際にもスピード感や自信がなく、暗い人なのではないかという印象を与えてしまいます。

志望動機をきちんと伝える

バイトの面接では、志望動機をしっかりと伝えることが重要です。

例えば「学校が休みの日も働きやすいように、自宅から近いアルバイト先を探していました」「親から仕送りをもらっているので、少しでも親の負担を軽減できるように時給が高いアルバイトを探していました」など、働きたいと感じた理由を説明することがポイントです。

バイトの面接に応募する前に準備すること

バイト面接:緊張・怖い③

バイトの求人は、ウェブで申し込める会社と電話で応募をする会社の2パターンがあります。応募先へ質問したいこともなく、ウェブで応募できる場合には当日の準備だけで良いでしょう。ただ、面接前に直接質問したいことがある場合や、電話での応募のみ受け付けているときには、電話で会話をしなければなりません。

また、ウェブ応募の場合は折り返し電話で面接の詳細を案内されるケースもあります。そこで、バイトの面接に「電話で応募するとき」「応募先から電話がかかってきたときの対処法」について解説します。

メモ帳と筆記用具を手元に置いておく

バイトの面接を受けるために店舗や会社に電話をかける際、予めメモ帳と筆記用具を手元に置いておきましょう。面接の日程や、持ち物などを伝えられたときに、メモを取れるようにしておくためです。

準備したメモ帳に、店舗責任者に伝える内容を箇条書きにしておけばスムーズに会話ができます。もし、箇条書きで不安な場合は、話す言葉をそのまま具体的に書いておいても良いです。

確認事項や責任者に聞きたいことをメモ

バイトの面接を受ける際に、店舗責任者に質問したいことや確認したいことがあればメモ帳に記載しておきましょう。

例えば、「面接に合格したらいつから働けるのか」「どのような仕事をするのか」など、バイトの求人情報には記されていないことをメモしておけば、スムーズに確認できます。

電話をかける時間や場所も重要

メモ帳を準備したら、どのタイミングで電話をかけるのか確認することも重要です。バイトの面接に応募する際、求人情報に受付時間が書かれていれば、指定の時間に電話をかけることがマナーです。一方で、指定時間がない場合は「お店が忙しくなさそうな時間帯」を狙って電話をかけるのが適切です。

例えば、飲食店の場合は12時~14時のピークタイムではなく、15時~17時の「アイドルタイム」が適切であり、お店側が余裕をもって電話対応できる時間帯だからです。忙しい時間に電話をかけてこられるより良い印象を与えますし、ゆっくり会話をすることもできます。

また、互いの声が聴き取りやすいよう、静かで電波が安定しているところで電話をすることも大切です。

電話で応募する際の会話例

バイト面接を受けるにあたり、電話で話す内容は4通りあります。

採用担当者がいるとき

お忙しいところ失礼いたします。○○と申します。○○(求人誌や求人サイト)でバイトの求人を拝見しお電話しました。現在もバイト募集していらっしゃいますか

採用担当者がいないとき

「後ほど改めてお電話をさせていただきたいのですが、何時頃戻りますでしょうか」
「それでは後ほど改めてお電話いたします。ありがとうございました」

留守番電話に残すメッセージ

「求人情報を拝見し、バイトに応募したくお電話いたしました。後ほど、再度ご連絡いたします」

このように、店舗責任者がいる場合は「バイトに応募し面接を受けたい」と伝えます。一方、店舗の責任者が不在なら後日電話をする、もしくは何時に戻るのかわかっている場合は指定の時間に電話をします。

留守番電話になる場合は、面接に応募したい旨をメッセージに残すようにしてください。

総括:バイト面接は緊張して怖いもの【事前準備で軽減可能】

記事のポイントをまとめます。

バイトの面接は緊張して怖いと感じるもの

バイトの面接では、自分のことをアピールし、店舗の責任者に良い印象を与えなければなりません。初めての面接でも、何度も経験していても、自分を観察する初対面の相手との会話は緊張するものです。

緊張や怖いという感情をできるだけ軽減させる

面接の担当者も人間です。「非常に怖い」と感じてしまう場合には、1人の人間として見て、家族や友達と過ごしている姿を想像してみましょう。

事前準備で緊張を軽減できる

電話をする前、面接を受ける前日、面接当日など、面接本番前に準備をしておきましょう。持ち物の確認や話すことを想定する、面接時間よりも早めに最寄り駅に到着するなど、気持ちに余裕を持つことが大切です。

バイトの面接に受かるために重要なことは、「社会人としてマナーを守れているか」「仕事に対する熱意があるか」の2点です。【自身が店舗責任者だったらどう感じるか】という視点で考え、話し方や服装、履歴書の内容などを再確認するようにしてください。そうすれば、あなたが採用される確率は高まるはずです。

© 2020 Liberty Earth Powered by AFFINGER5