テンプスタッフの電話面談の内容7つとコツ!いつかかってくる?

テンプスタッフ 電話面談

テンプスタッフでは面談つき登録と面談なし登録を選ぶことができる。

面談なしの場合、オンライン上で職歴や希望条件などの情報を入力することで登録が完了する。

面談つきの場合は、来社・WEB・電話から面談の方法を選ぶことが可能だ。

求人先について、詳しい希望を伝えたい場合は、面談つきで登録するのがおすすめだ。

しかし、テンプスタッフを初めて利用する場合、どういった面談が行われるか不安の人も多いだろう。

そこでここではテンプスタッフの電話面談について詳しく解説していく。これからテンプスタッフへの登録を考えている人は、ぜひ参考にして欲しい。

記事の内容

  • テンプスタッフの電話面談とは
  • 電話はいつかかってくる?
  • 電話面談することのメリット
  • デメリットはあるか?
  • テンプスタッフの電話面談の内容7つとコツ
    ①挨拶
    ②自己紹介
    ③仕事の開始時期の確認
    ④希望の業種の確認
    ⑤条件の確認
    ⑥求人の紹介
    ⑦終わりの挨拶
  • 電話面談で失敗しないためのコツ
  • テンプスタッフの電話面談を上手に活用し、希望の仕事を見つけよう
  • 総括

執筆:GOKU
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

テンプスタッフの電話面談とは

テンプスタッフの登録から仕事紹介までは、以下の流れで行われる。

面談つき登録のメリット:テンプスタッフ

面談つき登録のメリット:テンプスタッフ

  1. 登録方法の選択・予約
  2. 登録情報の入力
  3. ビデオ視聴・スキルチェック
  4. 面談・ご希望面談
  5. 希望の仕事へエントリー
  6. 仕事決定・就業開始

どのくらい時間がかかるかは登録方法によって異なる。

WEBや電話面談の場合は30分から1時間ほど、来社の場合は1時間から1時間半ほどの時間がかかる。

また、登録には本人確認書類と自分名義の銀行口座の通帳かカードが必要になるため、事前に準備しておこう。

電話はいつかかってくる?

テンプスタッフの電話面談は、登録情報の入力やビデオ視聴・スキルチェックが終わってから行われる。

登録する際に、面談の予約日を選ぶことができるため、その日に電話面談を受けることが可能だ。

電話面談が済んだならば、求人検索サイトの「ジョブチェキ」から希望の仕事にエントリーすることになる。

電話はいつかかってくる?

電話面談することのメリット

最近では直接人と会う機会を避けるために電話面談やWEB面談を行う人が多い。

電話面談には、さまざまなメリットがある。

まず大きいのが時間だ。

直接相手先に面談を受けに行くとなったら、そこに行くまでの時間がかかるし、交通費もかかる。

基本的に面談は、来社でも電話でも内容は同じである。

それならば時間的にもコスト的にも有利な電話面談の方がいいだろう。

また、電話ならば時間の融通が効きやすいのも大きなメリットだ。

現在、仕事を行いながら新しい勤務先を探す場合、面談に使える時間はおのずと限られてしまう。平日の日中は、なかなか時間が割けない人も多いだろう。

電話面談ならば、休日や帰宅した後など、さまざまな時間帯に行える場合が多い。それならば現職がある人でも面談しやすい。

それから電話面談すれば、担当者の相性なども把握することができる。

どういった仕事を紹介してもらえるか、エージェントのレベルも分かるため、それを踏まえて自分に合っていると感じた担当者のところへ足を運んだ方が効率が良い。

デメリットはあるか?

電話面談にはさまざまなメリットがあるが、デメリットもいくつかある。

まず、電話だけだと人柄が伝わりづらいことが多い。

顔を合わせて話すと、その人の雰囲気も何となく察することができるが、電話での声だけだと、なかなか雰囲気までは伝わりづらい。特に電話が苦手な人だと、自分の本当の希望を上手く伝えられないことも多い。

人柄やヒューマンスキルが伝わらないと、担当者からの評価が低くなってしまう恐れもある。

また、案件によっては電話面談だけで完結しないこともあり、オフィスまで行かなければならないケースもある。そうなると結局、二度手間になってしまう。

さらに来社面談ならば、履歴書や職務経歴書を見てもらって、添削を受けることができる。分からない部分は聞きながら書くことも可能だ。

初めてこういった書類を書く場合は、よく分からない部分も多い。

電話だけだと細かいところまでは伝わらないため、具体的な指導が受けづらい。

テンプスタッフの電話面談の内容7つとコツ

では、実際の電話面談はどのような流れで行われるのだろうか。

求人によっても変わってくるだろうが、一般的な電話面談の流れを確認しておこう。

テンプスタッフの電話面談の内容7つとコツ

①挨拶

電話面談が始まったならば、最初は挨拶だ。

実際に対面しているのと異なり、電話だと相手の表情が分からないため、いつもよりも声のトーンを1つ上げて、明るくハキハキと挨拶するようにしよう。

最初の一声が、イメージを大きく決めてしまうことがあるため、気を抜かずにしっかり応対したい。第一印象をよくするためにも特に気をつけたい部分だ。

ただ、面談はあくまで面談でしかないため、これで仕事が決まるわけではない。最終面接ではないため、そこまで緊張する必要はない。変に力みすぎないように落ち着いて臨もう。

②自己紹介

挨拶が済んだならば、次は自己紹介だ。

現在の就業状態やこれまでのキャリア・経験、資格の有無など求人の際に必要になる情報について正確に相手に伝えよう。

それと同時に自身の性格やタイプ、得意分野、どういったことを目指して働いてきたかなど、パーソナルな内容についても話しておこう。

こちらから自己紹介すると、担当者からも簡単な自己紹介がある。

どのような業種に強いか、どういった転職支援の実績があるかなど、気になることがあれば遠慮なく質問しよう。

③仕事の開始時期の確認

担当者に、いつくらいから仕事を始められるのか、できるだけ具体的な日時を伝えよう。

すぐにでも働きたい場合は、「即日入社可能です」「できるだけ早く働きたいです」などと伝えることで、求人情報を紹介してもらえる優先度がアップする。

相手から聞かれたことだけでなく、こちらからも積極的に自分の希望を話すようにしよう。そうすることで自分の熱意も伝わり、より希望する案件を紹介してもらいやすくなる。

④希望の業種の確認

どういった仕事を望んでいるのか、できるだけ詳しい情報を担当者に伝えよう。

これまでの職歴やキャリアが役立ちそうならば、あわせてそれも伝えるようにしよう。

まだ、はっきりと希望の業種が決まっていない場合は、興味がある業界や、絶対に避けたい業界など、伝えられる範囲で自分の希望を伝えよう。

できるだけ詳しい希望を伝えることで、自分にあった仕事がより見つかりやすくなる。

⑤条件の確認

希望の業種を伝えたならば、あとは給与・休暇・賞与・通勤距離・福利厚生・勤務時間といった自分の希望を伝えよう。

さすがにすべての希望を満たすような求人は難しいかもしれないが、詳しく伝えておけばおくほど、マッチした求人が見つかりやすくなる。

さまざまな条件の中でも、特にどれを重視しているのかを伝えれば、希望にあった求人がさらに見つかりやすくなるはずだ。

⑥求人の紹介

あらかじめWEB登録して希望の職種を伝えておくと、この段階で条件にあった求人が紹介される場合がある。

詳しい情報を聞き、自分の要望にあっていると感じたら、ここでさっそく応募することが可能だ。どうしてこの案件を勧めてくれたのか理由を聞いておくと、納得して応募しやすくなる。

それから、担当者から意思確認があるため、応募したい場合はその旨を伝えよう。

もちろん必ず応募しなければならないわけではないため「自分に合っていない」と感じたならば、断ってしまっても問題ない。担当者から条件やアドバイスを聞いて、じっくり考えてから答えを出そう。

考える時間が欲しい場合は、どのくらいなら待ってもらえるかを確認しておこう。

応募する意思を見せたならば、紹介された求人に対する面接までの日程や必要な書類についての説明がある。気になることがあれば、この段階でしっかり確認しておこう。

面接することになると、履歴書や職務経歴書を提出しなければならない。

最近では郵送だけでなく、メールでOKな場合も多い。

いつまで送付すれば良いか説明があるはずなので、必ず期限内に送るようにしよう。

⑦終わりの挨拶

すべての内容が終わったならば、最後の挨拶をして電話面談終了となる。

最後まで気を抜かずに丁寧に挨拶すること。

あちらからの挨拶を無視するようなことがないように、しっかりお礼を言い、「よろしくお願いします」と言って終わらせよう。

担当者はこれからも付き合いが続くこともある。そういった意味でも相手の心象を悪くするような言動はしないように気をつけよう。

電話面談で失敗しないためのコツ

電話面談が初めてだと、いろいろ分からないことも多いだろう。そこで、初めて電話面談を受ける人向けに、失敗しないためのコツをいくつか紹介する。

まず、電話面談をする上で重要なのは場所である。おすすめなのは誰も入ってくる恐れがない自分の部屋だ。

カフェや喫茶店といった騒がしい場所で面談を受けるのは控えよう。

電話面談で失敗しないためのコツ

場合によっては時間が長引いてしまうこともあるため、周囲に迷惑がかからない場所を選ぶことが重要だ。

また、電波状況も必ずチェックしておきたい。

どれだけこちらの環境が良くても、電波が入りづらい場所だと、途中で切れてしまったり、つながらなくなったりと、相手にも迷惑をかけてしまう。

自分の部屋ならば問題ないだろうが、初めて使う場所の場合は、事前に通信状況をしっかり確認しておこう。

それから、電話面談はハンズフリー機能を使うのがおすすめだ。

電話機を耳に当てたままだと、資料を見たり、メモを取ったりするときに困ってしまうことが多い。そのため、ハンズフリー機能を使うか、スピーカーにしておくか、イヤフォンを使うか、とにかく両手は空けておいた方が無難だ。

また、途中で電池が切れてしまわないようにスマホやイヤフォンはしっかり充電しておこう。

電話面談は声だけでコミュニケーションを取ることになるため、普段よりもゆっくり大きな声で話さないと、相手に伝わりづらいことがある。何度も聞き返されることがないよう、ハッキリ大きな声で話すようにしよう。

相手に伝えるべき情報は事前にしっかり準備しておくことも大切だ。

相手から聞かれて手間取ってしまうようでは余計な時間がかかるし、自分も焦ってしまい、面談が上手くいかなくなってしまう。

どういったことが聞かれるかはだいたい決まっているため、あらかじめちゃんと手元に準備しておこう。

総括:テンプスタッフの電話面談を上手に活用し、希望の仕事を見つけよう

記事のポイントをまとめておこう。

テンプスタッフの電話面談について

テンプスタッフの登録方法は大きく分けて2種類ある

  • オンライン上で完結する面談なしの登録
  • 来社・WEB・電話での面談つきの登録

電話面談のメリット・デメリット

  • 電話面談は自分が希望する日にできる
  • 電話面談は時間やコストのメリットが大きい
  • 電話面談は人柄が伝わりづらいデメリットがある

電話面談の流れについて

  1. 挨拶
  2. 自己紹介
  3. 開始時期の確認
  4. 希望業種の確認
  5. 条件の確認
  6. 求人の紹介
  7. 終わりの挨拶

成功するためのポイント

  • 静かな場所を選ぶ
  • 電波状況がいい場所を選ぶ
  • 両手を空けておく
  • ゆっくり大きな声で話す
  • 必要な書類は準備しておく

電話面談は時間に融通が効くため、現在仕事を持っている場合でも受けやすいメリットがある。しっかりポイントを抑えておけば、対面での面談と変わらないクオリティで求人紹介が受けられるため、ぜひ上手に活用したいところだ。

スポンサーリンク

© 2021 Liberty Earth Inc