テンプスタッフのエントリーに通らない!厳しい!一覧から消える?

テンプスタッフ エントリー 通らない

テンプスタッフといえば、業界でもトップクラスの求人数を誇ることや、一般事務、経理、人事など女性に人気の事務の仕事が多いことでよく知られている。しかし、テンプスタッフに登録して、求人にエントリーしたものの通らない、まったく仕事を紹介してもらえないと悩んでいる人が少なくないようだ。

テンプスタッフで求人にエントリーしたのに通らない原因とは何か?どのように改善すれば通るのか解説する。

記事の内容

  • テンプスタッフのエントリーが通らない!原因3つ
    ①社内選考で落ちる
    ②競争率が高い
    ③以前トラブルを起こしている
  • エントリー受付中の仕事が一覧から消える?
    テンプスタッフ:表示内容説明
  • エントリー状況を確認するには?
  • 必ず仕事を紹介してもらえるわけではない
    テンプスタッフ:仕事情報・紹介について
  • テンプスタッフは他のところよりも厳しい?
  • 休業中に設定する方法と登録解除について
  • テンプスタッフにエントリーしても通らない:社内選考を通過するために
  • スキルアップを目指す
    リクルートジョブズリサーチセンター:派遣先担当者調査
  • 人気の求人を避けるのもあり
  • 印象を良くする
  • テンプスタッフにエントリーしても通らないとき
  • 総括

執筆:GR
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

テンプスタッフのエントリーに通らない!原因3つ

テンプスタッフは、業界でも求人数が多いこと、女性に人気の事務をはじめ様々な職種の仕事を紹介してもらうことができるということで人気だ。

しかし、テンプスタッフに登録して求人にエントリーしたのに通らないことがある。仕事を紹介してもらいたいのに、希望の仕事にエントリーしても通らないのはもどかしいものだ。エントリーしても通らない原因について解説する。

①社内選考で落ちる

テンプスタッフに登録して求人にエントリーしたのに、通らない、仕事を紹介してもらうことができないのは、社内選考で落ちるのが原因と考えられる。

テンプスタッフだけでなく派遣会社では、派遣先のニーズに最も合う人を紹介することになる。派遣先が求める、経験、スキルなどを持っていない人を派遣先に紹介すれば、派遣会社は信用を失うことになる。信用を失うだけでなく、契約も解除されてしまうことだろう。

このような事態を避けるために、社内選考が行われ、最もニーズにマッチする人を派遣先に紹介するようになっている。求人にエントリーしたのに通らないのは、社内選考の結果、ニーズに最も合っている人ではないと判断された可能性が高い。

ビズヒッツ:派遣会社の社内選考で3人に1人は落ちる?

ビズヒッツ:派遣会社の社内選考で3人に1人は落ちる?

この資料は、派遣社員を対象に行われた社内選考に関するアンケートである。社内選考に落ちたことがあるか?尋ねたものであるが、約4割の人が社内選考に落ちた経験があることがわかる。

求人にエントリーすれば、確実に紹介してもらうことができるというものではなく、まずは社内選考を通過しなければならないということになる。

②競争率が高い

エントリーしても通らない原因として考えられるのが、競争率が高いということだ。人気のエリア、人気の職種というものには、多くの人が応募する。

応募者全員を採用するわけではないので、そのなかから、最も条件の合う人を選ぶことになる。競争率が高い求人にエントリーすると、通らないということが多くなる。

③以前トラブルを起こしている

以前派遣された職場で、トラブルを起こしているという場合には、求人にエントリーしても通らない可能性が高い。派遣会社は、派遣先でのトラブルを最も嫌う。派遣先との関係が悪化する可能性が高いためである。そのため、過去に派遣された職場で、トラブルを起こしている人は、社内選考の段階で落とす可能性が高い。

人間関係などでトラブルを起こしている人は、通過するのは厳しいといえるだろう。

エントリー受付中の仕事が一覧から消える?

テンプスタッフに登録して、求人にエントリーした場合、アイコンが表示される。求人にエントリーした場合には、「エントリー受付中」というアイコンが表示されるが、これは求人にエントリーした状態で、正式に仕事を紹介する段階には進んでいないことを示している。

エントリー一覧には、あなたがエントリーした求人の情報がチェックできるが、アイコンの意味を正確に理解しておこう。

テンプスタッフ:表示内容説明

テンプスタッフ:表示内容説明

この資料は、テンプスタッフのエントリー一覧の表示内容の説明である。求人にエントリーした場合には、3つの段階があることがわかる。中段の注意書きに注目して欲しい。エントリー受付中の仕事が、エントリー一覧から消えて、完了履歴で表示された場合は、通らなかったということになるのだ。

エントリー状況を確認するには?

テンプスタッフの求人にエントリーした後、通るのか、通らないのかが気になることだろう。テンプスタッフのエントリー状況を確認する方法について解説する。

エントリーした仕事の状況は、まずログインした後に、「エントリー一覧」から確認することが可能だ。ただし、一部の会社や一部の仕事によっては、エントリーが完了していても表示されないものもある。

通常エントリーをすると、エントリー完了メールが届くので、エントリーが完了したかどうかはすぐにわかる。メールが届かない場合には、エントリーが完了していない可能性があるので注意しよう。

エントリー一覧で表示されているアイコンにも注目しておこう。「あなたで進んでいます」と表示されている場合には、その言葉通りで、担当者があなたに仕事を紹介するために準備を進めているという状況だ。

仕事を紹介される場合には、担当のオフィスから連絡が来る。エントリーが完了しても、その後連絡がないという場合には、通らなかったと考えた方が良いだろう。

必ず仕事を紹介してもらえるわけではない

テンプスタッフに登録すれば、必ず仕事を紹介してもらえるものだと思っている人もいるだろう。しかし、必ず仕事を紹介してもらえるものではない。

まず、それぞれの求人では求められるスキル、経験等が異なる。そのため、必ずしも希望の職種を紹介してもらえるとは限らないのだ。

テンプスタッフ:仕事情報・紹介について

テンプスタッフ:仕事情報・紹介について

これは、テンプスタッフのよくある質問の仕事情報・紹介についてのものだが、この資料をみると仕事が必ず紹介してもらえるわけではないことがわかる。さらに、いつごろ紹介されるのかも明確ではないことがわかるだろう。登録すれば、すぐに紹介してもらえるとは限らないのだ。

テンプスタッフは他のところよりも厳しい?

テンプスタッフに登録している人で、なかなかエントリーしても通らない人は、社内選考が他のところよりも厳しいと感じているようだ。もちろん、単純に求められるスキルや経験が足りていなかっただけなどという可能性もあるが、テンプスタッフの社内選考は厳しいと感じる人も多い。

なかなか、仕事を紹介してもらうことができないため、登録はしたもののすでに登録を解除したという人もいる。大手であるということから、登録者も多く、競争率が高くなっている可能性も考えられる。

休業中に設定する方法と登録解除について

テンプスタッフに登録をしているものの、なかなかエントリーしても通らないとショックを受ける人も多いだろう。そのため、登録はそのままにするけど、テンプスタッフでは働きたくない、登録を解除したいという人もいるはずだ。

休業中の状態にすることができるのかについてだが、働けない期間を設定することができる。働けない期間とその理由を選択して登録しておけば、実質休業中の状態にすることができるのだ。また、産前産後休業・育児休業制度や介護休業制度なども設けられている。

テンプスタッフの登録解除を希望する場合には、ログインをしてから、登録情報の変更・追加を選択、登録情報を削除すれば登録解除となる。利用する予定がないという場合には、登録解除をするのがオススメだ。

テンプスタッフにエントリーしても通らない:社内選考を通過するために

テンプスタッフで求人にエントリーしても通らない!と嘆いている人は、社内選考を通過するために何をするべきかを知る必要がある。ここでは、社内選考を通過するために、具体的に何をするべきかを解説する。

スキルアップを目指す

様々な求人があるが、その多くはスキルや経験が求められる。

もちろん未経験者でもできるものがあるが、スキルや経験があった方が社内選考を通過しやすい。なぜなら、スキルや経験がないと派遣先で求められる業務ができない可能性があるためだ。

スキルアップを目指す

このような理由から、スキルや経験がある人が社内選考を通過しやすい。テンプスタッフでも様々なスキルアップ支援を行っている。

事務系スキルアップ支援講座、資格取得支援、テンプオープンカレッジ、eラーニングなどがある。スキルアップを目指すのが良いだろう。

リクルートジョブズリサーチセンター:派遣先担当者調査

リクルートジョブズリサーチセンター:派遣先担当者調査

この資料をみて欲しい。これは、雇用形態別にみる、必要な能力・スキルについての調査である。派遣社員に注目して欲しい。派遣社員の、「仕事に必要な専門知識 56.9%」となっている。つまり、派遣社員の派遣先では、派遣社員に対して、業務に必要な専門知識、スキルを求めていることがわかる。

また、「実践力 51.2%」も高い数値となっている。この実践力とは、資料によれば、環境変化に応じて計画修正ができ、臨機応変に対応する力のことだ。

リクルートジョブズリサーチセンター:派遣先担当者調査

同上:リクルートジョブズリサーチセンター・派遣先担当者調査

こちらの資料はさきほどと同じものだが、派遣社員の担当職域別にみる必要な能力・スキルについてである。職種によって求められる能力・スキルは異なるが、ほとんどの職種が能力・スキルが必要だと考えていることがわかる。

このような理由からも、スキルアップを目指すようにしよう。あなたが働きたい職種には、どのような能力・スキルが要求されているのかを知り、それにあわせてスキルアップを目指すのが良いだろう。

人気の求人を避けるのもあり

求人にエントリーしても通らないのは、競争率が高いというのも大きな要因だ。特に、人気のエリアや人気の職種、高時給の求人にはエントリーする人が多くなる。エントリーする人が多いということは、その分、通らない確率が上がってしまうことになるのだ。

どうしてもエントリーしたい求人であれば、エントリーするのも良いが、あえて人気の求人を避けるのも1つの方法だ。人気のそれほどないものであれば、通る可能性も高くなるだろう。

印象を良くする

これは、テンプスタッフだけに限ったことではありませんが、あなたの印象は非常に重要だ。電話の受け答え、挨拶、身だしなみ、言葉遣い、マナーなどはしっかりとチェックされている。

テンプスタッフの場合、担当のコーディネーターがサポートをしてくれるが、コーディネーターに対して態度が悪い、言葉遣いが悪いなどだと、非常に悪い印象を与えてしまう。

そして、その悪い印象というのは、社内で共有されることになるので、社内選考の際に、印象が悪いと落とされてしまうことになるだろう。普段から丁寧に接することが非常に重要だ。こちらの動画も参考になるだろう。

総括:テンプスタッフにエントリーしても通らないとき

記事のポイントをまとめておこう。

テンプスタッフにエントリーしても通らないことについて

  • エントリーしても通らないのは、経験・スキルが不足しているため
  • 単純に競争率が高いため
  • 以前問題を起こしているため

求人にエントリーして通過するために

  • スキルアップをする
  • 人気の求人を避けてエントリーしてみる
  • 自分自身の印象をよくする

テンプスタッフで求人にエントリーしても通らないのには、原因がある。その原因とは、経験やスキル不足によって、社内選考で落とされることや競争率が高いため、落ちるということだ。

また、以前問題を起こしているような人も社内選考には通らない。通るためには何をするべきか、まずスキルアップは必須である。

他にも、人気の求人を避けてエントリーするのもよい。人気の求人ばかりエントリーしても競争率が高いため、通るのが難しくなってしまうためだ。

さらに、担当のコーディネーターに対しても丁寧に接することが大切だ。社内選考の際には、あなたの印象も重要なポイントとなるからである。横柄な態度を取っている人は、社内選考には通らないのだ。

スポンサーリンク

© 2021 Liberty Earth Inc