バイトの面接に落ちる確率と採用率を上げる方法を理解する

バイト 面接 落ちる 確率

「バイトの面接を何度受けても落ちてしまう!」そんな話を耳にすることがある。バイトの面接で落ちてしまうのには、原因があるということを知っているだろうか?この記事では、バイトの面接で落ちる原因について解説する。

バイトの面接で落ちる原因がわかれば、採用される確率も上がるだろう。

記事の内容

  • バイトの面接で落ちる確率:原因と採用率を上げる方法
  • 面接で落ちるのはありえない!と考えている人
    ぶっちゃけ知りたいバイトの面接「合否の基準」
  • 面接に落ちる高校生!その原因とは?
  • 人気のあるバイトは、採用率よりも不採用率の方が高い!
    ツナグ働き方研究所【2020年アルバイト採用ブランド力調査】
  • 履歴書の不備が原因
  • バイト面接で落ちるフラグ:これは不採用の可能性大!
    マイナビ転職:面接官のその反応、本当に合格フラグ
  • 面接に落ちた!とショックを受けた人へ
  • バイトの面接に落ちる確率を下げるためにできること
  • 好印象を与えるようにする
    アルキタ:採用担当者に聞きました【面接の服装どこまでOK?】
  • 事前にシミュレーション
  • 誰でも受かるバイトはあるのか?
  • バイトに落ちる!やばいと感じる人がすべきこと
  • バイト面接で落ちる確率を下げる方法について
  • 総括

執筆:GR
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

バイトの面接で落ちる確率:原因と採用率を上げる方法

バイトの面接を何度受けても落ちてしまう!そんな人には、原因があるということに気づいているだろうか?原因をきちんと理解しなければ、何度受けても同じ結果になってしまう可能性が高い。

ここでは、バイトの面接で落ちる原因について解説する。原因について理解しておけば、バイトの採用確率を格段にアップさせることができるだろう。

面接で落ちるのはありえない!と考えている人

バイトの面接で落ちると、思わず「ありえない!」という怒りが込み上げてくる人もいるだろう。あなたが、理解しておきたいのは、バイトの面接でどうして落ちるのか?ということだ。

バイトの面接では、どのような点をみているのか考えてみたことはあるだろうか?

株式会社アルバイトタイムスDOMO NET:ぶっちゃけ知りたいバイトの面接「合否の基準」

アルバイトタイムス:ぶっちゃけ知りたいバイトの面接「合否の基準」

この資料は、バイトの採用担当者に合否の基準について尋ねたものである。この資料をみてみると、最も大切なのが、「勤務時間などの条件が合致すること 39.4%」であることがわかる。

面接の際に好印象を与えることができたとしても、条件面で合致することができなければ、採用される確率は下がるということだ。

例えば、サービス業や飲食店などでバイトを募集する際に、忙しい曜日や時間帯に入れるバイトを募集するとする。採用側は、忙しい曜日や時間帯に入れるバイトを探しているのに、応募してきた人がその曜日や時間帯に入れないということになると、面接をしても意味がなくなってしまう。

採用側も人件費のことを考えなければいけないので、余剰な人員を雇うことはない。条件面が合致しなければ、このように落とされてしまうのだ。

他には、積極性があること、まじめであること、コミュニケーション力があることなどが重視されている。サービス業などでは特に、お客さんとの会話が大切になるので、重要なポイントだ。面接では、あいさつや、やりとりがしっかりとできるか、積極的に働きたいという意欲があるかなどもみられていると考えておこう。

あなたが、今まで受けてきたバイトの面接では、そのような点を意識していただろうか?考えてみよう。バイトの面接に落ちてしまった人は、こちらの動画もチェックしておくとよい。

面接に落ちる高校生!その原因とは?

バイト面接に落ちる高校生の原因について考えてみよう。高校生がバイト面接に落ちる主な原因は次のようなものである。

  • 採用側が入って欲しい曜日、時間帯に入れない
  • 服装がだらしない
  • 制服を着崩している
  • 敬語が使えない
  • ピアスやアクセサリーを付けている

高校生のバイト面接では、見た目の印象が非常に重要になるといえるだろう。特に、チェックされるのが、服装だ。高校生の場合には、制服で面接を受けるということもあると思うが、制服はしっかりとチェックしておこう。

女子高生に多いのが、制服のスカートを短くしている、男子生徒であれば、ズボンを下げて履くなど制服を着崩しているというものだ。

このような服装は、非常に印象が悪い。それだけで、不採用となってしまう可能性も高い。あなたがもし、バイトの面接で落ちてしまったのなら、服装がどうだったかを思い返してみよう。

他にも、ピアスやアクセサリーを付けているという人も印象が悪くなる。ピアスやアクセサリーについては、バイト中は外すように指導しているところもある。バイトの面接では、見た目の印象が非常に重要であるということを理解しておこう。

また、不採用になる理由として多いのが、「敬語が使えない」ということだ。もちろん、高校生で完璧に敬語が使えるという必要はない。しかし、高校生がバイトをする場合はほとんどが接客業である。

お客様に対して、きちんとした言葉が使えないとお客様に対して失礼になるし、クレームなどにも発展しやすくなるため、採用側も採用しないことが多い。あなたは、学校で教師や先輩などに対して、きちんと敬語が使えているだろうか?

言葉というものは、普段使っている言葉がそのまま出てしまう。バイトの面接でも普段の言葉が出てしまうので、学校生活のなかでも敬語を使うようにしよう。

人気のあるバイトは、採用率よりも不採用率の方が高い!

バイト面接に落ちると非常に落ち込んでしまうものだ。「どうして、落ちてしまったのだろう?」と頭を抱えてしまう人もいるだろう。まず、理解しておきたいのが、人気のバイトは採用率よりも不採用率の方が高いということだ。

あなたが応募したバイトには、いったい何人の希望者がやってきたのだろうか?一般的なバイトであれば、数人程度の応募者というケースがほとんどだが、人気のバイトとなると、数十人、都会や人気のエリアなら数百人規模の応募がある。

競争率が高ければ、当然だがどうしても面接に落ちる可能性が高くなるのだ。採用側は、応募者のなかから、できるだけ条件の合う人、良い人を採用しようと考えるためである。人気のバイトばかりに応募していると、バイトの面接に落ちる確率は高くなってしまうだろう。

ツナグ働き方研究所:2020年アルバイト採用ブランド力調査

ツナグ働き方研究所:2020年アルバイト採用ブランド力調査

この資料は、全国のアルバイト求職者16~69歳1,000人を対象に行われた調査である。この資料をみてみると、どんなバイトが人気なのかがわかる。

ダイソー、無印良品、東京ディズニーリゾートをはじめ、コンビニやスーパー、ファストフードなどが人気となっている。上位にランキングされているのは、誰でも知っている有名企業ばかりだ。そのため、その企業でバイトをしたいと考えている人は多い。

ツナグ働き方研究所:2020年アルバイト採用ブランド力調査

同上:ツナグ働き方研究所【2020年アルバイト採用ブランド力調査】

この資料は、さきほどと同じ資料であるが、バイトを決める際にどのような基準で選ぶのかをみたものである。

  • 通いやすい場所にある 83.5%
  • 安心して働けそう 83.0%
  • 自分でも働くことができそう 82.9%

が上位となっている。つまり、この基準にあてはまるバイトは、必然的に競争力が高くなるということだ。

コロナ禍によって、バイトの募集が少なくなっており、有名企業でないと採用されないのではないか?という不安もあるだろうが、人気のバイト、有名企業以外のバイトを狙うことで、採用される確率は上がるだろう。

履歴書の不備が原因

バイトの面接で落ちる原因のひとつが、履歴書の不備である。履歴書の不備とは次のようなものである。

  • 履歴書の写真が貼っていない
  • 履歴書の写真がプリクラ
  • 空欄が多い
  • 誤字や脱字が多い
  • 汚れているものを持ってくる
  • 履歴書を持ってこない

このような、履歴書の不備がある場合には、面接官からの評価が大幅に下がる。何度も面接に落ちるという場合、自分の履歴書についてもう一度見直してみよう。

バイト面接で落ちるフラグ:これは不採用の可能性大!

バイト面接が終了して数日後に合否の連絡があるのが一般的だが、バイト面接の際に、落ちるフラグというものがある。面接を受けたものとしては、ショックだが、落ちるフラグについて知っておこう。

マイナビ転職:面接官のその反応、本当に合格フラグ

マイナビ転職:面接官のその反応、本当に合格フラグ

この資料は、20~40代の転職経験者1,200人に、面接官がどんな反応をみせると合格、不合格と感じるかを調べたものだ。バイトではなく転職ということだが、参考になる部分は多いだろう。

不合格フラグだと思う、面接官の反応上位をみてみよう。最も多いのが、「面接官の反応がそっけない 40.7%」となっている。次に多いのが、「面接時間が短い 32.4%」だ。

他にも、「質問したことに対する面接官の回答が丁寧ではない 19.5%」という回答がある。このような面接官の反応の場合には、不採用の可能性を考えておくべきだろう。

ただし、あくまでもフラグであり、必ずしも不採用となるわけではない。例えば、2位の面接時間が短いについてだが、バイトの場合には5分くらいの面接時間だったのに採用されたというケースもたくさんある。

あくまでも、フラグはフラグでしかないということを理解しておこう。また、実際に面接官が不採用にした例も参考になるはずだ。こちらの動画もチェックしたい。

面接に落ちた!とショックを受けた人へ

バイトの面接に落ちたとショックを受けてしまう気持ちはよく理解できる。そんな、ショックを受けている人に知って欲しいのが、バイトの採用率についてだ。応募したからといって誰でも採用されるわけではない。

マイナビ アルバイト採用活動に関する企業調査によれば、アルバイトの面接率、採用率は、全体の面接率が66%、面接からの採用率は54%となっている。もちろん業種によってもその数値は異なる。面接からの採用率が最も高い業種は、資料によれば、「保育 65%」となっている。

反対に、最も面接からの採用率が低い業種は、資料によれば、「ホールキッチン・調理補助(飲食・フード) 41%」となっている。このデータから考えるとバイトの面接を受けても約半数の人は採用されないということになるのだ。

バイトの面接に落ちたとショックを受けるだろうが、実際には約半数の人が落ちるということを考えれば、それほど大きな問題ではないことに気づくだろう。気持ちを切り替えて新しいバイトへ応募してみよう。

バイトの面接に落ちる確率を下げるためにできること

バイトの面接に落ちる原因について紹介してきた。バイトの面接に落ちる原因を理解したうえで、落ちる確率を下げるために何ができるのかを解説する。具体的な方法を理解することで、採用される確率も上がることだろう。

好印象を与えるようにする

バイトの面接は、就職や転職などの面接とは異なる。大きく異なるのは、スキルや経験などを評価することが少なく、人柄などが重要視されることが多いという点である。

就職や転職などでは、保有しているスキル、これまでの経験などが重要視される。しかし、バイトの面接ではスキルや経験などを求めるものは多くはない。

アルキタ:採用担当者に聞きました【面接の服装どこまでOK?】

アルキタ:採用担当者に聞きました【面接の服装どこまでOK?】

この資料は、採用担当者にバイトの採用基準でもっとも重視するものは何かを聞いたものである。圧倒的なのが、「面接での印象 84.3%」という点だ。つまり、スキルや経験よりも面接での印象で採用か不採用かが決まるといっても過言ではない。

面接では、具体的にどのような点をチェックしているのか?についてだが、大きなポイントは以下のようなものだ。

  • 服装
  • 清潔感があるかどうか
  • しっかりと受け答えができるかどうか

服装は、特に注意をしておきたいものだ。服装にはその人の個性がでるとも言われているそのため、あえて普段着で面接に来て欲しいと考えている企業もある。服装で面接官に悪い印象を与えてしまうのは、絶対にさけるべきだ。

ジーパンやジャージなどの服装で面接に行くのはNGである。バイトの面接ではスーツを着なければならないというものではないが、どのような服装でも良いということではない。

他にも、清潔感があるかどうかは非常にあなたの印象を大きく左右する。髪がボサボサ、服が汚れている、服がシワシワなどの人はほぼ不採用となるだろう。飲食店や食料品などを扱うスーパーなど清潔感が求められるところでは、特にチェックは厳しくなる。

受け答えがしっかりとできるかも大きなポイントだ。受け答えがしっかりとできないと、面接官に対して非常に悪い印象を与えてしまう。バイト面接の服装については、こちらの動画を参考にすると良いだろう。

事前にシミュレーション

バイトの面接では、面接官からいくつかの質問をされることになる。当然、業種などによっても多少聞かれることは変わってくるが、事前にしっかりとシミュレーションしておくことが大切だ。

バイトの面接でよく聞かれるのは、次のようなものである。

  • 志望動機・応募理由
  • 週にどのくらい働くことができるか
  • ゴールデンウィークや年末年始など長期休暇の際に入れるか
  • いつから働くことができるのか
  • 通勤方法、通勤時間について
  • 自己PR
  • 長所・短所
  • アルバイト経験について

などが代表的なものとしてある。これらの質問は、バイトの面接でよく聞かれるものばかりだ。事前に自分なりの答えをまとめておくようにしよう。なぜなら、バイトの面接の際に聞かれた際に、すぐに答えることができないからだ。

志望動機・応募理由が答えられないと、どうして応募してきたのだろうか?と面接官に悪い印象を与えてしまいかねない。バイトの面接が決まったら、しっかりとシミュレーションをしておこう。

誰でも受かるバイトはあるのか?

バイトの面接で合格したいという場合、誰でも受かるバイトはあるのか?ということが気になることだろう。しかし、現実的には誰でも受かるバイトはないといって良いだろう。応募したら、絶対に採用されるバイトというのはないということだ。

特に、コロナ禍では、バイトを採用するどころか、バイトを削っているというところもある。誰でも受かるバイトを探すよりも、バイトの面接で受かるようにしっかりと対策を行うことが大切になるだろう。

バイトに落ちる!やばいと感じる人がすべきこと

バイト落ちる!やばいと感じている人は、何をするべきか?何度もバイトの面接に落ちるとどうしても気持ちが沈んでしまう。また、次のバイトに応募しようという気持ちも失せてしまうかもしれない。

しかし、バイトの面接で落とされたとしても、気にする必要はない。大切なことは、なぜ自分が落とされたのか?という原因を追究し、次のバイトの面接で活かすようにすることだ。

初めてのバイトの面接では緊張して上手くいかないこともある。だが、何度か受けるうちに面接にも慣れてくるし、上手くできるようになるだろう。落ち込まずに、次への準備をすることが大切なのだ。

総括:バイト面接で落ちる確率を下げる方法について

記事のポイントをまとめておこう。

バイトの面接に落ちる確率を下げる方法

  • バイトの面接では、勤務条件などが合致しないと落とされることが多い
  • 服装、言葉遣い、清潔感などスキルや経験よりも面接時の印象で採用が決まりやすい
  • 採用率は業種などによっても異なるが、約50%となっている

面接に受かるためにできること

  • バイトに落ちる原因を分析し、対策をすること
  • 面接で聞かれそうなことをあらかじめ、まとめておくこと
  • バイトの面接に落とされても、前向きに次の面接を受けること

バイトの面接では、スキルや経験よりも面接時の印象で採用か不採用かが決まりやすい。つまり、面接時の印象が良ければ採用につながりやすくなるということだ。身だしなみ、清潔感、言葉遣いなどは特に注意をしておきたい。

バイトの面接で落ちないようにするためには、面接で落ちる原因を知り、対策をすることが大切だ。面接時に聞かれそうなことをあらかじめ、シミュレーションしておくと、面接で聞かれた際にスムーズに受け答えができるだろう。

また、バイトの面接で落とされても、下を向かずに前向きな気持ちで、次のバイトの面接に覗くことが重要だ。

スポンサーリンク

© 2021 Liberty Earth Inc