パート面接の不採用のサイン:採用されやすい主婦について

主婦がパートの面接で落ちる理由は一体何なのか。学歴や職歴が悪い?子供が小さいから煙たがられた?見た目?話し方?など、パートの面接で落とされると心も穏やかではいられなくなるだろう。

ただし、パートの面接では受かる人がいる一方で、落ちる人がいるのも事実である。今回はあなたが落ちる側に回っただけのことだ。とはいえ、受かる人と落ちる人を天秤にかけられた時、誰しも受かる人の側に回りたいのも正直な感想である。

今回は、「主婦が面接で落ちる理由」「採用されやすい主婦」「パート面接の不採用のサイン」について解説しよう。

記事の内容

  • 面接に落ちやすい年齢・年代
  • 40代以上がパートで不採用になる理由
  • パート面接の不採用のサイン
  • 主婦パートで採用されやすい人の特徴
  • パートの面接の時の服装
  • パートで採用の決め手となるポイント
  • 総括

執筆:NAKAGAWA
運営者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円~従業員数120人~

パート面接の不採用のサイン:落ちる年齢が多いのは何歳代?

そもそもパートの定義に法律上の明確な決まりはないようである。アルバイトも然り。どちらもパートタイム労働者に区分されるが、アルバイトは学生やフリーターなどの若者や未婚者が対象で、パートを主婦や主夫に位置付けている傾向が強い。

採用する企業側も若い人出が欲しい時に「アルバイト募集」、平日昼間に人手が欲しい時に「パート募集」と使い分けている節がある。

この定義から考えると、20代後半から50代や60代のシニアと呼ばれる幅広い世代を「パート」とするが、年齢が上がるにつれて不採用となるケースが増えている。そう、それはまるで「結婚適齢期」のように。

年齢が上がるごとに結婚のチャンスも狭まるかのごとく、パートに関しても年齢が上がるごとに企業から受け入れてもらえなくなる。その境目はずばり「40代」に多いようである。

次の項目では40代がパートに不採用になりやすい理由を解説していこう。

40代以上がパートで不採用になる理由

企業側があえて40代以上の主婦を積極採用していない限り、40代以上はパートの面接に不採用になる場合が多い傾向にあるようだ。20代や30代はまだ何とかパートの面接に滑り込めるものの、40歳を過ぎた辺りからなぜかパートの面接に受かりにくくなったと感じているのはあなただけではない。

それは一体どうしてなのか、40代の何がそんなに悪いのか。理由を見ていこう。

ブランクが長い

40代ならではの理由として考えられるのが「ブランク」である。

例えば、20代後半から30代前半で結婚したとして、その数年後には子育てが始まるとしよう。子どもが小さい内は傍にいてあげたいとなると、働く現場からはもちろん退く形となる。

もしも一人目が小学校に上がる前に二人目を妊娠してしまった場合、さらに数年待たなければ働くことなどできるはずがない。もちろん保育園に預けるという選択肢があったとしても、保育園に預けるか預けないかは家庭の問題である。

そして二人目の子どもも無事にすくすくと育ち、そろそろ働きに出ようかなと思った頃、年齢は40歳を迎えていることだろう。

企業側の職種や人事の考え方にもよるが、「即戦力」を必要としている場合、子育てによるブランクはかなり不利となる。「パソコンは10年近く触っていません」と面接で発言された日には、面接官の中で「採用は見送ろう…」となってしまうのである。

企業が若手を欲している

自宅から近い・時給が良い・仕事内容に興味があるなど、求人の条件だけで応募してしまうことはよくある話。しかし、企業の中には「若手育成」を理由に、ターゲットを30代半ば頃までと絞っていることもある。

法律に詳しい方の中には「年齢制限の禁止は義務化されているはず!」と抗議したいところだが、これには例外がある。

求人の条件欄に「35歳未満(長期勤務によるキャリア形成をはかるため、例外事由3号のイ)」と記載があれば、年齢制限が特例で認められることになるのだ。つまり「若い人を長い目で見て育てたいから35歳以上の人は遠慮してね」ということである。

参考:厚生労働省・労働者の募集及び採用における年齢制限禁止の義務化に係るQ&A

 

ただし、このパターンは正社員募集によく見られるので、パート募集ではあまりこういった表記は見られない。その場合は、単に企業が求めるイメージに合っていないことが考えられる。

客層を10代後半や20代をターゲットにしていると、40代のスタッフがいるのは明らかに浮いてしまう。求人の条件ばかりに目を奪われてしまい、企業が求めるイメージを見落としてしまうと高確率で不採用となるので気を付けよう。

話し方や態度に難がある

パートの面接に行くと、面接官が自分よりも若かったという経験はないだろうか。さすがに息子程…とはいかなくとも、まるで弟や妹、年下のいとこと接しているような気持になってしまうだろう。

ここが不採用の分かれ道となる。相手が年下だからとリラックスしてしまうのが、ずばり不採用の理由である。

敬語ではなくため口で話す。自分の経歴を若い子に聞かせるように自慢する。気が緩んで表情や姿勢も崩れてしまっていないだろうか。

相手が年下であっても採用を決める面接官であり、採用になればあなたの上司となる。

「年下だからため口で良いよね」と面接で気を緩める人を誰が採用したいと思うだろうか。きっと面接の段階で「この人は不採用で」とNGフラグを立てられているだろう。

パート面接の不採用のサインは分かる

パート面接の際に面接官から不採用サインをさりげなく送っている場合がある。

それはどのようなサインなのか1つずつ見ていこう。

近々パート面接を受ける予定がある方は、ぜひ参考にしていただきたい。

面接時間が短い

第一印象や応募条件を満たしていないなど、早々に不採用を決まった場合に見られるサインである。面接官の方で「これ以上聞くことはない」と判断したのであろう。

面接時間は15分から30分程度が一般的だが、面接前に告げられていた時間よりも遥かに早く終わった場合はその可能性が高い。

勤務後の話がない

「いつから勤務できますか?」
「出勤できない曜日はありますか?」
「休日出勤をお願いすることがありますが対応できますか?」

このように勤務後の話が一切ない場合は、不採用サインの1つとも考えられる。企業側が採用したいと思った人はすぐにでも出勤してほしいと考えるのが妥当であるから。

とはいえ、このサインが見られたからといって落ち込む必要はない。面接官がうっかり聞き漏らしている可能性もゼロではないし、採用の知らせの段階で聞くことも考えられるからである。

面接官の表情が固い

面接官の表情が徐々に曇っていくなど、面接官の表情から笑顔がなくなった場合は要注意。最初の印象は良くても、面接で受け答えをする中で不採用と判断されてしまったのだろう。感情を隠すことができないタイプの面接官にはよく見られるサインである。

ただし、元々の態度がそっけないタイプの面接官の場合はそうとも限らない。面接前はにこやかだったのに、面接が進むにつれて笑顔が少なくなっていく場合など、明らかな変化が見て取れる時は危険信号だろう。

パート面接で落ちた理由を聞くのはアリ?

パート面接では合格の手応えを確かに感じたのに、結果は不採用。

「何がいけなかったんだろう」「絶対受かっていると思ったのに」と落ち込んだ経験は誰しも1度はあるだろう。そんな時、面接官にぜひ聞いてみたい。「どうして不採用なんですか?」と。

しかし、それは自分が告白した相手に振られた場合「何で私じゃダメなの?」と詰め寄るのと似たような行為。そんなことをして相手の印象がさらに悪くなったらどうしよう…とためらう気持ちも分かる。とはいえ、パート面接で落ちた理由を聞くのは、マナー違反にはあたらないので聞くのはアリといえる。

不採用になった本当の理由を教えてくれるかどうかは企業側が判断することなので、勇気を出して聞くのも良いかもしれない。教えてくれた場合は次の面接時の糧にして進んでいこう。

主婦パートで採用されやすい人の特徴

パートで不採用になる人がいる一方で、受かるところほぼ採用コンプリートを果たす主婦も一定数存在する。

そんな「スーパー主婦」に値する人の特徴は何なのだろうか。

ここでは主婦パートで採用されやすい人の特徴を紹介していく。

一般常識がある人

パート面接に限らず、人と人とのつながりをもつ上で欠かせないポイントの1つ。一般的な礼儀が備わっているかは、どこの企業でも見られる項目である。一般的な礼儀があるということは、職場でも円滑な人間関係を築いていけるということになる。

つまり一般常識の高さは、社会性の高さにもつながるのだ。一般常識が最低限備わっている人は、よほど条件に合わないなどの理由がない限り不採用にはなりにくいだろう。

雰囲気が明るい人

あなた自身が道に迷った時を想像してほしい。通りすがりの人に道を聞こうと思ったら、「雰囲気が明るい人」「雰囲気が暗い人」のどちらに声を掛けるだろうか。大半の人が「雰囲気が明るい人」に話し掛けるだろう。採用されやすい人の特徴はずばり「雰囲気が明るい人」なのだ。

一緒に働くなら暗い人よりも明るい人と一緒に働きたいものである。終始ニコニコしているだけでも面接官の印象は格段にアップするのでぜひ試していただきたい。

パートの面接の時の服装は?

パートの面接の時の服装で迷ってしまう主婦は少なくない。正社員の募集であればスーツで行くのが定石だが、パートの場合は何が正解なのだろうか。

答えは「職種による」となる。

オフィスワークなどの落ち着いた雰囲気の職場であればスーツが無難と考えられる。対して、居酒屋などのカジュアルな雰囲気の面接にスーツで行ってしまうと浮いてしまうだろう。そのため、接客などカジュアルな職種の場合は、企業側から指定がない限りスーツにこだわる必要はない。

ただし、どんな職種でもTシャツにデニムなどのラフすぎる服装は避けた方が良いだろう。オフィスワークであれ、接客であれ、軽作業であれ、求められるのは「清潔感」となる。シワシワ&ヨレヨレは問題外である。面接の前日には服装を整え、迷ったら派手でないジャケット&ブラウスで行くのをおすすめする。

パートで採用の決め手となるポイント

「私を雇うとあなたはこれだけメリットを享受できますよ!」と上手にアピールできる主婦は採用の決め手となるようだ。

例えば、志望動機1つにしても「家から近いので」と言ってしまっている主婦はご注意願いたい。事実であるかもしれないが、それではあまりにも正直すぎるし、企業側にはメリットを感じられない。

採用されやすい主婦は面接でこのように言うだろう。

「自宅から通いやすい距離にあるので、長く続けられると思い志望しました」企業側が長く働ける人を探している場合は「長期で働いてくれる点」にメリットを感じるはずである。

1つ1つの受け答えに正直に答えるだけではなく、企業側が雇うメリットを上手に盛り込めるかが鍵なのだ。条件が同じ応募者が2人いた場合、企業側は「メリットがある方」を採用するだろう。

ここまで解説したように、40代を境目にパート面接の採用は難しくなる傾向にある。しかし、すべてが年齢のせいとは限らない。応募条件を満たしていない、すでに他の主婦を採用してしまったなど、年齢で不採用になるケースはあなたが思っている以上に少ないのだ。

年齢ばかりを気にしていると自信のなさが表情にも表れてしまうだろう。「どうせ落ちるから」と最初から諦めるようなネガティブな人は企業側も雇いたいとは思わない。年齢を言い訳にせず、堂々と自分をアピールしてほしい。

総括:パート面接の不採用のサイン、理由について

記事のポイントをまとめよう。

パート面接の不採用のサイン:採用されやすい主婦について

40代以上はパートの面接に不採用になるケースが多い

  • ブランクが長い
  • 企業が若手を欲している

話し方や態度に難があれば不採用
※面接官が年下でもタメ口はNG

パート面接の不採用のサイン

  • 面接時間が短い
  • 勤務後の話がない
  • 面接官の表情が固い

パート面接で落ちた理由を聞く
=聞くのは良いが本当の理由がわかるかは不明

主婦パートで採用されやすい人の特徴

  • 一般常識がある人
  • 雰囲気が明るい人

パートの面接の時の服装

  • オフィスワーク=落ち着いた雰囲気の職場であればスーツが無難
  • 接客などカジュアルな職種=企業側から指定がない限りスーツにこだわる必要はない
  • ただし、どんな職種でもTシャツにデニムなどのラフすぎる服装は避けた方が良い

パートで採用の決め手

  • 「私を雇うとあなたはこれだけメリットを享受できますよ!」と上手にアピールできる主婦

© 2021 Liberty Earth Inc